TOPシスペラシスペラとZOとどっちがいいの?part2

2021/05/19

シスペラとZOとどっちがいいの?part2

こんにちわ!

あおいクリニック銀座 院長の中野あおいです!
♡\(^o^)/♡

Part 1の続きです
シスペラとZOとどっちがいいの?part1 | メソセラピー、ボトックスならあおいクリニック銀座 (aoi-clinic.com)

米国FDAは数年間、ハイドロキノンと皮膚癌と関係について調べた後
明確なエビデンスは認められないが
4%以上のハイドロキノンは医師の処方が必要である事
連続使用は8週間とする事
ハイドロキノンは肝斑の維持療法には不適切である事を化粧品販売会社に製品に明記する事
と見解と指導を出しました

米国ではハイドロキノンの販売は再開されましたが
州によってはまだ禁止のところもあります
また世界では
EUやイギリス、スイスでは禁止
中東や中欧、東欧、アジアでも使用禁止の国が多いです

そういう事情があり
私は美容皮膚科先進国のヨーロッパの学会にコロナ禍前には年に何回も参加していましたが
ハイドロキノン配合のクリームはその後、展示ブースで見た事はありません
ZOスキンのブースにあるメラミンとメラミックスだけです

でも、肝斑にお悩みの方はやはり多いので
肝斑に効くコスメや製剤は各メーカー、出しています


また、実際の臨床の場では
トレチノイン・ハイドロキノン療法をしても
肝斑はある程度、薄くなってもそれ以上改善しないという限界があったり
ハイドロキノンに耐性ができてしまったり
やめるとすぐに元に戻ったり
ハイドロキノンアレルギーがある人が多かったり(1〜2%)
トレチノインやハイドロキノンによる赤みやアレルギーを抑えるためにステロイドを使用
しなくてはいけなかったり
紫外線感受性があるので、夏には使用しづらかったり
白斑になったり

色々と問題もありました

またこの療法は、赤みや痒み、ヒリヒリ感、乾燥、皮剥けなど、患者さんにとって苦痛や不快感やダウンタイムを余儀なくされるものでもありました

ドクター達はトレチノイン・ハイドロキノン療法に代わる、患者さんに負担なく、ダウンタイムなく、効果が同等かそれ以上に出る製剤を求めていたんですよね

私も学会に行くたびにずっと探していて
たくさんサンプルを送ってもらって
試していました

続く

☆Beauty & Rejuvenation ☆
Aoi Clinic Ginza 
Aoi Nakano M.D













 

 



 

 

 

 

03-3569-0686

当クリニックは完全予約制です。

営業時間 10:00-19:00 診療時間 10:30-13:00 14:00-18:30
休診日 日・月

〒104-0061 
東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル5階

東京メトロ銀座駅(銀座線・丸の内線・日比谷線) B5出口より徒歩2分
JR有楽町駅 東口より徒歩5分
1階トッズ銀座(TOD'S GINZA)の建物です。

施術メニュー